11月16日、第2回すまいるサロンを開催しました。

c0204394_10463689.jpg
去る11月16日(日)第2回すまいるサロンを講師に田岡信樹さん
をお招きして「建築・座・家づくり」を開催しました。
田岡さんは建築写真家として全国で数々の建築作品を撮影しています。
以前は大手ハウスメーカーで住宅販売のノウハウを学ばれ地方の工務店で住宅販売を任されるようになり、当時まだ馴染みの無いデザイナー住宅を手掛けてこられました。
現在は日本建築プロデュース協会の代表理事をなさっています。
c0204394_10563036.jpg

そのご自身の経験豊富な視点で設計事務所とハウスメーカーや工務店との違いや
※住育(じゅういく)ってなんだろう?、ライフコンサルタントの重要性、
詳細な見積書の重要性、建築写真家から見た良い住宅など語っていただき
ひいては建築士設計事務所の必要性や自分にあった建築士を見つける方法を
熱く語っていただきました。

当日は大変熱心に聴講していただきありがとうございました。
(文責:五藤久佳)

※住育(じゅういく)とは、様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を
選択したり、見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる
人間を育てることである。
国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、
良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」について考える習慣や「住」に関する
様々な知識と住を選択する判断力を楽しく観に着けるための学習等の取り組みを指す。
(インターネット百科事典ウィキペディアより)
c0204394_10565341.jpg

[PR]