オープンアーキテクチャー「大口南小学校」

数々の建築賞を受賞して話題の大口南小学校のオープンアーキテクチャーを開催します。
内装に木をふんだんに使った「木質化校舎」で展開される教育空間は、子ども達にどんな影響を与えているのか。
明るく風通しの良い校舎内を巡り、木の建築をご堪能ください。
建築は何を考えて創られているのかをテーマに、建築設計者に語ってもらう一宮支部の「オープンアーキテクチャー」です。
建築のデザインもさることながら、工事中に展開された子ども達向けの建築教室が注目したい出来事です。
学校建築の工事中は子ども達にとっても生きた建築教育の場であると設計者の東畑建築事務所は考え、建築教室が展開されました。
校庭の南に建つ新しい校舎へと移動した後、これまで使っていた校舎が取り壊される様子を目前にし、子ども達はどんな気持ちで解体工事を眺めたのだろうかと、気になったりもします。南小学校の子ども達は、希望と慈しみの貴重な建築体験をしたことと思います。
建築のデザインと共に、そんな背景にも触れる見学会としたいと思います。
c0204394_00303860.jpg

[PR]