カテゴリ:墨会館( 9 )

2014年10月26日、墨会館が地元の公民館として新たにオープンしました。
文化財としての立場と丹下建築としての立場で、耐震改修の手法に意見がぶつかり合ったと聞きますが、
劇的な改変も無く、特に2階は屋上の荷重を軽減することで、
補強構造物を一切加えることなく基準値を超えることができたとのことです。
丹下健三氏の当時のエッセンスを伝える墨会館へ、ぜひ見学にお越しください。

そこで墨会館では、見学に訪れた方々に向けてボランティアガイドによる建物説明を無料で行っています。
予約制ですので、一宮市か公民館へご連絡をしてください。
一宮支部はこのボランティアガイドの養成講座を展開しました。一宮市からの委託事業です。
墨会館のデザインと丹下健三氏の作品履歴、所有者であった繊維会社の社歴、成形合板の家具
設備設計を担った川合健二氏、改修工事の経緯などなど、講義と明治村への見学会を展開し
最終日は墨会館を巡ってガイドのシュミレーションを行い、終了しました。
それぞれ個性のあるボランティアさんたちで、話題も豊富です。
訪れるたびに、新たな発見が見られると思いますので、ぜひ繰り返しお越しください。
c0204394_07201241.jpg

[PR]
c0204394_1813583.jpg「墨会館の価値と見所」講演会・見学会・展覧会が大盛況のうちに終わりました。まことに多くの皆さまより関心を寄せて頂きましたこと、深く感謝申し上げます。墨会館は、丹下健三氏の目が隅々まで行き届いた素晴らしい作品であると、講演会講師からも絶賛されました。墨会館の評価は今後さらに高まることでしょう。戦後日本の建築家たちのエネルギーが内包する1950年代の建築の中でも、墨会館はその代表作の一つであることは間違いありません。この価値を損なうこと無く、さらに高まるよう改修されることを願います。
[PR]
 「墨会館の価値と見所」はCPD認定となりました。
見学会は1単位、講演会は2単位です。
ご希望の方は受付にてお問い合わせください。
 
 一宮は喫茶店が多く、サービス競c0204394_15578.jpg争が激化しています。
そんな事情で進化した「一宮モーニング」。折角ですから少し早めにお出かけいただき,墨会館見学前にこの「一宮モーニング」をお試しください。市庁舎周辺の他尾西商工会館から墨会館へ歩いていく途中にも蔵羅(くらら)などの喫茶店がございます。(尾西商工会になりかわり、ご案内致します。)
 
[PR]
c0204394_2151887.jpg展覧会が本日より始まりました。当時の設計図、家具図、竣工写真帳、工場がまだ建っていた頃の内外部写真などを見ることができます。
 空調設備図は川合健二さんが指示したものか?協同設計者とされる磯崎新さんが書いた図面は果たしてあるのか・・・! 様々な資料を、どうぞ椅子に座ってゆっくりとご覧ください。・・・あれ?この椅子ってひょっとして・・・。
狭い会場ですので一度に多くは入れません。平日にゆっくりとご覧ください。3月3日午後3時半までの開催です。
[PR]
3月2日講演会は満席となりましたので、締切りました。
まことに多くの申込みを頂き、有り難うございます。
当日はたいへんな混雑が予測されますが、どうかご理解と御協力を御願い致します。
自由見学会(11時半~12時半)はまだ余裕がございますので、お早めにお申込みください。

講演会に参加の皆さまは、参加証を受付に提出して会場内へお進みください。
開場は午後1時。講演会開始は午後2時。
自由席になっております。

お車でお越しの節は、駐車場がさほどありませんので乗り合わせてお越しください。
[PR]
c0204394_13134977.jpg見学会も講演会もたいへん多くの申込みを頂き、有り難うございます。
ようやく昨日(15日)から参加証を送付し始めましたので、ご確認ください。

見学会は予定人数を超えたので締め切りましたが、ご要望が多くございます.
解説はありませんが建物だけでも見て頂けるよう、11時半から1時間ほど時間を作りました。
建築関係者限定です。
耐震強度不十分な為、自己責任にてご見学ください。
ご希望の方は、お手数ですがHPからも申込みができますので、お早めにお願いします。
尾西商工会館 11:15発 の無料バスをご利用ください。
徒歩でも行ける距離です(15分弱)ので、早めに来てご覧いただいても構いません。
講演会のみ申込まれた方は、再度ご連絡ください。
キャンセル待ちで申し込まれた方は申込受付としますが、再度ご連絡頂くと安心です.
[PR]
c0204394_13285053.jpg 「墨会館の価値と見所」見学会講演会には、多くの皆さまからの参加申込をいただき、有り難うございます。
 参加証を発行しようとしていますが、見学会に予想を上回る申込みがございましたので、もっか受入体制を調整中です。早々にお送り致しますので、今暫くお待ちください。
 講演会は会場にゆとりが有りますので、まだ大丈夫です。お誘いの上ご参加ください。見学会・講演会とも、予定人数を超えますとお断りすることとなりますので、どうかご了承ください。
 尚、尾西商工会館の駐車場はさほど多くは有りませんので、乗り合わせの上お越しください。(写真は、尾西商工会館です。)また、見学会の墨会館には駐車場はありません。尾西商工会館駐車場よりバスを用意致しますので、これをご利用いただくか徒歩にてお越しください。墨会館周辺への駐車は一切お断り致します。
[PR]
「墨会館」の魅力を明らかにしようと、「墨会館の価値と見所」講演会・見学会・展示会を開催します。
講演会+対談:元東京大学教授の鈴木博之先生(博物館明治村館長)による「丹下健三と50年代の建築」講演会です。墨会館が竣工した50年代の建築を通して墨会館の価値を検証します。対談では幻庵などコルゲートパイプの家で話題となった石山修武先生が登場します。コルゲートパイプの師と仰ぐ川合健二さんの秘話が楽しみです。
見学会:平成25年度には公民館へと改修工事が始まりますので、オリジナルの状態で見られる最後の機会です。ただし、耐震強度が不十分ですので、万が一のこともあり、見学会は建築関係者の学習に供するものとします。参加者は自己責任にてご見学願います。
展示会:設計図・丹下健三デザインの一体成型合板の家具・設備設計に参加した川合健二さんなどなど、墨会館の隠れた魅力を紹介します。何度も「ヘー」と言わせます。
見学会と講演会は申込制です。お申し込みいただきましたら、参加証を発行致します。HPより申込みできますので、お早めにどうぞ。
c0204394_14391914.jpg

[PR]
c0204394_23313456.jpg

ご存じの方も多いのですが、広島平和記念資料館や東京都庁舎の設計者として有名な世界的建築家、丹下健三さんの作品が我が一宮市にも建っています。小信中島に建つ「墨会館」です。
広島平和記念資料館竣工の5年後。旧東京都庁舎と同年の竣工。翌年には旧香川県庁舎を竣工させるなど、精力的に多くの名建築をその後世に送り出そうとする初期の段階、丹下健三さん40代半ばの作品です。
c0204394_23312453.jpg数年前に一宮市の所有となり、今後地元の公民館として活用できるよう、今年度は耐震補強と公民館へ転用するための改修設計が行われています。引き続き来年度には工事が行われることでしょう。

若き能力を存分に発揮して創られた伸びやかで開放的で大胆な空間は、近代建築のデザイン史に触れることのできる貴重な建築だと思います。その評価は今後さらに高まることと思います。
このエッセンスを損なうこと無く、丹下作品をさらに進化させる改修設計となることをひたすら祈っています。
さらに、地元の活用のみにとどまらず、観光資源として広く多くの方々にこの空間を体験できるよう、施設運営を望むものです。

墨会館の魅力を伝えようと、目下近代建築史の専門家による講演会を企画しています。改修前の建物も記録に残したいと思います。できれば見学会も開けないものかと思っています。多くの困難がありそうですが、無事準備が整うようでしたら、お知らせ致します。
[PR]