<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 長期優良住宅が話題となっています。猫も杓子も・・・。
 ストック&ビルドの日本の住宅事情を変換し、長期にわたり使い続けられる住宅を残そうという政策で、特に親族への引き継ぎだけではなく第三者へも流通させようとしていることに特徴があります。

 「200年住宅」などと一時はPRを展開していましたが、流石にそれは根拠が無いので近頃ではさほど聞かれなくなりました。国土交通省によれば、「100年住宅」という言葉ははこれまでに見聞きするので、インパクトがあるよう「200年住宅」としたとのこと。「100年住宅」でも無責任に思えるのに、「200年住宅」と広報するのはどうかと思います。

 長期優良住宅の技術基準を眺めると、まだまだ発展途上であることは歪めません。認められるメニューが少なすぎて、合板と釘と金物の住宅でないと認められにくい内容です。無垢材の活用や釘や金物を使わない伝統的な木造技術は、既に100年を超える実績が各地にあるにも拘わらず認めらず、大いに疑問を感ずるところです。

 長期優良住宅とは、結局のところメンテナンスのし易い建物のことと考えます。メンテナンスがし易いということは、50年後でも100年後でも、手軽に手に入る建材を使い、特殊な職人でなくても修理のできる構造の建物です。合板の接着剤が変わらずに強度を保ってくれるのか、釘や金物が錆びずにいてくれるのか、石油系の断熱材や防湿フィルムが、溶けないで存続してくれるのか。

 充分な検証と説明が行われているのかどうかよく判りませんが、長期優良住宅の技術基準は発展途上です。現在の基準を鵜呑みにすると、私達は知らずして消費者に対し加害者になってしまう恐れもあります。目先の氾濫する情報に惑わされることなく、先人達の経験と実績を元に自らが判断したものを消費者に提供することこそが、長期優良住宅への確実な道のように思えるのです。

 

 
[PR]