「やわらかい劇場」を提唱する建築家・山崎泰孝氏は、芦屋ルナ・ホール、登米祝祭劇場などを手がけた劇場建築の専門家です。写真の登米祝祭劇場は、総ガラス張りの音楽ホールです(出展:新建築1995.12)。登米の豊かな自然の変化に包まれて音楽を楽しもうというところでしょうか。
 登米祝祭劇場も扶桑文化会館も、共にソフトを優先し、どんな芸術・文化を育むのかが先に確立されていたことに大きな特徴があります。基本構想を大切に育んだ建築の創られ方と、演者と観客が一体となる客席の仕掛け等々、劇場建築の創られ方と見所を知れば観劇の楽しみも増大すると思います。
5月25日(日)は、ぜひ扶桑文化会館へお出かけください。
c0204394_254715.jpg
[PR]
 扶桑駅からお越しの節は、扶桑文化会館まで文化の小径を辿ってお越し下さい。名鉄犬山線扶桑駅を西へ出て駅前広場に降り立つと、道路の向こう側に扶桑駅前郵便局が見えます。この郵便局の脇のレンガ色のブロック舗装の道が文化の小径です。ブロック舗装を辿っていけば、扶桑文化会館へ誘ってくれます。地下道を抜けて、細い道へと入り込み、折れ曲がって・・不安に駆られつつも進むと、やがて扶桑文化会館が左手に現れます。劇場へ誘う道構想として、扶桑文化会館と共に当時整備された小径です。
c0204394_0383590.jpg
c0204394_0391176.jpg
[PR]
オープンアーキテクチャー 第1回目 「扶桑文化会館」の参加募集を始めています。
見学会参加と講演会ミニ演奏会参加と、2種類の申込みをお願いします。

伝統芸能が上演できる本格的な劇場「扶桑文化会館」の誕生物語をお楽しみ下さい。
 なぜ伝統芸能の劇場なのか・・
 何を考えて扶桑文化会館は設計されたのか・・
 劇場建築の見所とはなにか・・
 ソフトあってこその建築・・・・
どんな話題が展開するのか判りませんが、ぜひご期待下さい。

●建物見学会+解説
  設計者 山崎泰孝氏の解説付きです。
●講演会+トークセッション&ミニ演奏会
  設計者 山崎泰孝氏の講演
  初代扶桑文化会館館長 今枝龍雄氏
  世界的なヴァイオリン奏者 古澤 巌氏
  (最後に古澤巌氏のミニ演奏会をお楽しみ頂けます)

参加は無料ですが、人数把握のため事前の申込みをお願いします。

c0204394_1192218.jpg

[PR]
愛知県建築士事務所協会は昨年(2013年)度に40周年を迎えました。
これを機に、一般社団法人から公益社団法人へと衣替えもしました。
私達の一宮支部は1年遅れて設立されたとのことで、
2014年度の今年度は一宮支部設立40周年となります。
そこで一宮支部は、来年度以降も継続できる一般向けの公益事業を模索しつつ
今年一年間の事業を展開し、これを「40周年事業」と位置づけることとします。

session1:オープンアーキテクチャー 
  一宮支部の担当する 一宮市・稲沢市・犬山市・江南市・岩倉市・大口町・扶桑町に建つ
 気になる建物を見学します。
 (お施主様及び設計者様や施工者様のご支援が頂ける建物に限りますが・・)
  何を考えてその建築は創られたのか。建築主や設計者の想いなども解説をいただき、
 建築の見所と面白さを感じ取って頂ければ幸いです。
session2: 講演会・見学会・上映会
  これまでも開催してきた市民セミナー、新たに始める森の見学会、その他何か思いついたら実施します。
session3:すまいるサロン
  住まいづくりの知恵を順次紹介する、少人数限定の勉強会です。
  森の見学会へも合流します。
  詳細が決まり次第順次公開して募集を始めますので、是非ご参加下さい。

(事務局)

  
[PR]
毎年恒例の稲沢消費生活展に、今年も参加しました。
木造耐震改修相談会と、ストローハウスのワークショップを行いました。
ストローを使って立体空間を造り、建物の構造を学ぶものです。
c0204394_218568.jpg

ストローハウスのワークショップは大盛況でした。
親子連れや児童グループでごったがえし、耐震改修相談会場はワークショップに一日中占拠され続けました。
建築相談はメールでも受け付けております。新築・改修・その他、いつでもご連絡下さい。
c0204394_2191979.jpg

[PR]