オープンアーキテクチャー「扶桑文化会館」/終了しました

 オープンアーキテクチャー「扶桑文化会館」に多数ご参加いただきまして、誠に有り難う御座いました。
 見学会は予定の人数を大幅に超え、2組に分けてはみましたがそれでも解説者の音声は届かず、誠にご不自由をおかけ致しましたことお詫び申し上げます。会館側のご好意で、急遽舞台の下を見学させて頂くこととなり、見学者の皆さんからご好評を頂けたのは幸いでした。2階席や桟敷席に立って、舞台と客席とが一体となる設えも体感いただけたかと思います。
 行政と住民とで育まれてきた伝統文化、それに呼応した建築計画、多くの芸能関係者からのアドバイスと支援、建設に至る経緯をつぶさに振り返ることで、改めて扶桑文化会館の価値を再認識する想いでした。扶桑町だけでなく、近隣市町にとっても貴重な文化施設です。伝統芸術の街として、今後さらに磨きがかかることを願っています。
 「扶桑文化会館のバックヤードツアーと劇場建築の解説と見どころ」セミナー・・いけると思いますがどうでしょうか。劇場建築の見どころを知ると、観劇の楽しみも倍増する筈。「建築は面白い」ひとつの理由です。
 さて配付資料が不足し、お渡しできなかったお客様にはたいへん不自由な想いをおかけ致しました。お詫び申し上げます。準備が整い次第お送り致しますので、ご一報下さいますようお願い致します。
c0204394_14362460.jpg

c0204394_15525690.jpg

c0204394_15541336.jpg

[PR]